講師の実体験を基に、
「なぜ今、手書きの個人通信なのか?」
「手書きの個人通信がもたらす絶大な効果」
についてお伝えします。 

☆お客様が自分のことを身近に感じてくれる
☆電話をしたり、会いに行った時、「いつもありがとう」から会話が始まる
☆新しい仕事の依頼が自然と増えてくる  

・・・他にもいっぱいありますが書ききれません。

そして、貴方だけの個人通信を実際に書いてみましょう!
日常のネタ(自分のこと、家族のこと、趣味のこと、失敗談etc)何を書いてもOK。
非効率だからこそ、やってみる価値は大きくそして楽しいのです。
毎日がネタ探し。日々の視点が変わります!
  
==========
【日時】
2018年1月26日(金)
10:00~11:30
 
【場所】
ATF会場
(富山市茶屋町203-21 トミタビル2F)
 
【参加費】
3,000円
 
【持ち物】
筆記用具

 
【講師】

 

 

 

 

 

 

 

 


勝裕 彰(かつひろ あきら)
F-design株式会社 専務取締役
相続診断士、2級FP技能士、住宅ローンアドバイザー

石川県金沢市出身。43才
25才の時、父親の入院を機に生命保険営業の世界へ飛び込む
営業開始6ヶ月で人生初の挫折を経験。苦悩の20代後半を過ごす。
32才の時、1人の保険営業マンとの出逢いにより、自分の中にある「花の種」を
見つける。以来10年間、自分の「花」を咲かせることに全エネルギーを注ぐ。
その中心と位置づけているのが、お客様に定期配送している「手書きの個人通信」
10年前に書き始め、現在85号。
「届くとホッとする」「いつも楽しみにしています」「ファイルに綴じてるよ」
と多くのお客様から大好評。クチコミでお客様の輪が広がっている。