いつ:
2018年9月1日 @ 3:00 PM – 4:30 PM
2018-09-01T15:00:00+09:00
2018-09-01T16:30:00+09:00
どこで:
ATF会場
富山市茶屋町203-21 トミタビル2F
料金:
¥3,000(教材代込み)

ペットという言葉は

便宜上使わせていただいてますが、

ペットを家族だと思っている方には

あまりしっくりこない言葉ですよね。

 

きっと「うちの子」って言った方がしっくりくるのではないでしょうか?

 

まさに、ペットさんを 「うちの子」と言って愛してやまない全ての方におすすめしたい「うちの子きずなワーク」です。

 

『あなたはうちの子との出会いを偶然だと思いますか??』

「うちの子きずなワーク」では、

『なぜうちの子と出会ったのか』という本質に迫ります!!

 

 

◎うちの子きずなワークの詳細

うちの子きずなワークは、『うちの子きずなノート(伊東はなん著)』を使ったワークショップになります。

『うちの子きずなノート』はうちの子との絆をより深く、そしてペットロスを軽減させるために作られた飼い主さまとペットさんの終活ノートです。

『うちの子きずなノート』に書かれている質問に答えていき、世界に一冊だけの『うちの子のきずなノート』を作っていきます。

 

全8ステップ

STEP1 現状を確認しよう

STEP2 私とうちの子の関係を振り返ってみよう

STEP3 親愛なるうちの子へ

STEP4 私の中の死生観を見てみよう

STEP5 うちの子になりきって答えてみよう

STEP6 今だからできること

STEP7 いつか必ず来るその日

STEP8 今から考えておくこと。やっておくこと。

 

ペットさんには、飼い主さまに気づきを与える鏡のような役割があります。

ペットさんの使命を全うしてあげることが、ペットさんの幸せに繋がります。

もうペットさんが天国にいるという方も是非ご参加ください。

飼い主さまの心のケアが、天国にいるペットさんの幸せに繋がります。

 

持ち物:『うちの子きずなノート』と筆記用具

(『うちの子きずなノート』は初回参加時にお渡しします。事前購入は必要ございません。)

 

※『うちの子きずなノート』のワークショップは、一般社団法人動物対話協会認定の「うちの子きずなノートナビゲーター」のみ行うことができるワークショップです。

 

⇒お申込みはこちら 

 

 

【講師紹介】

一般社団法人動物対話協会認定 動物対話士®黒澤麻紀子

東京出身 / 富山在住

動物対話士®とは、動物との対話を専門に行う人を指し、国によって認められている名称です。

現在、動物対話士®は関東を中心に16名。北陸では唯一。

ペットさんと飼い主さまとのただの通訳に終わらせず、双方が幸せになるための提案やカウンセリング、飼い主さま自身がペットさんと意思疎通をはかれるようになるアドバイスも行う。

動物たちと意思疎通をはかることは特別な力は必要なく誰でもできるということ、そして動物たちにも人と同じように複雑な感情があるということをたくさんの方に知っていただくことで、

動物にも人にも優しい世の中になるのではないかと思い、日々活動しています。

《最近の講演実績》

台東区協賛の動物愛護イベント「すまいるフェスin台東区 2018」にて、テレパシーを使わない動物対話について講演を行う。

《ホームページ》

https://animal-communication.jp/

《インスタグラム》

@makinko_asanohana

うちの子(犬・猫・鳥)の写真をほぼ毎日更新中。

犬と猫と鳥が仲良くしている姿は、動物対話士®のうちの子ならでは♪